トップページ取扱分野 > 労働問題

労働問題

解雇を言い渡された方、または解雇を言い渡されそうな方。
解雇予告手当を支払ったから解雇していいなどと考えている雇用主が多いようですが、それは間違いです。解雇するにはそれ相応の正当な理由がなければなりません。正当な理由なく解雇された場合には、解雇の無効を申し入れたり、退職を前提に解決金を求めることができる場合があります。 解雇を言い渡された場合には、まずは交渉を行い、解決しなければ訴訟や労働審判に移行します。 解雇に納得できない場合には、泣き寝入りせずに、まずは当事務所の無料相談をご利用ください。 当事務所では労働者労働事件を多数取扱っております。
会社から賃金、残業代、退職金を支払ってもらえない方。
会社からいろいろ理由を付けられて賃金、残業代、退職金等を支払ってもらえない場合、そのほとんどは正当な理由がありません。労働基準監督署や労働局へ相談し、会社に指導してもらうことで解決できる場合もありますが、それでも解決できない場合には、法的手続をとっていく必要があります。まずはご相談ください。
仕事で疾患を生じさせた方、仕事で死亡された方のご遺族。
仕事でけがをした方、あるいは仕事が原因で精神疾患になった方、さらには仕事上で死亡された方に関しましては、労災申請(労災保険金支給申請)を行うことが出来ます。 当事務所では、労災申請の代理業務を行っておりますので、まずはご相談ください。
パワハラ、セクハラでお悩みの方。
パワハラやセクハラは不法行為であり、行っている人のみならず会社にも責任が生じる場合があります。一人で悩まずに、まずはご相談ください。
弁護士に相談することに不安を感じている方。
これまでの法律事務所は、市民にとって開かれた存在であったとは必ずしも言えませんでした。そこで、静岡第一法律事務所は、多くの市民の皆様にもっと気兼ねなくご利用していただける法律事務所を目指して、以下のことを実行しています。
① 無料電話相談の実施(上限10分程度)
② 初回無料法律相談の実施
③ ご相談者の心情に出来るだけ配慮した懇切丁寧な対応
④ 分かりやすい場所での事務所開設(静岡伊勢丹の直近・スポーツジムの上)
⑤ ホームページ上からの相談可能日時のご提示
⑥ 電話だけでなく電子メールでの相談予約ができること
⑦ 相談される方が安心して相談できる事務所内の雰囲気作り

多くの市民の皆様にご利用いただき、多くの安心感を得ていただくこと、これこそが静岡第一法律事務所の使命であると考えています。静岡第一法律事務所にご相談いただければ、弁護士が全力であなたをサポートします。もちろん、相談すると依頼しなければならなくなるのでは、などという心配も全く無用です。ご相談のみの方も大歓迎です。

相談してみる
よくある質問