ブログ

夏の思い出。

弁護士の西ヶ谷です。

暑い夏がようやく終わりましたね。
今夏は、自分にとって特別な夏でした。
東京地裁で行われているリニア鉄道差止訴訟に参加する機会を頂いたことが、特別な夏を過ごすこととなった理由です。
静岡県の弁護士の代表(自称・・・)として、9月初旬までにリニア工事による静岡での被害実態の書面を作成し、そのうえで裁判期日当日(9月8日)に意見陳述を行うのが、アタクシの仕事。
東京、神奈川、山梨、長野、愛知の環境問題に精通する気鋭弁護士が弁護団に連なり、高度な議論が飛び交うこともしばしばあるなかで中心的役割を担うことはなかなかのプレッシャーとなりましたが、ひと夏を通じて準備に没頭し、何とか役割を果たすことができました。

その中身のお話。
いま工事が進められつつあるリニア鉄道計画の最大の問題は、環境破壊。
過去に例のない大規模な工事となるため、環境への影響は計り知れないものがあります。
静岡県内で行われる工事自体は、静岡北部の山間部に約11キロのトンネルを掘るという内容。
東京と名古屋とを結ぶリニア計画全体から見れば、ほんの僅か工事にすぎません。
しかし、この工事に伴い様々な環境破壊が発生する恐れがあります。

その中でも重大な環境問題の一つとして懸念されていることは、大井川の水量が減ってしまう、ということ。
工事業者であるJR東海の試算ですら、毎秒2トンの水が大井川から減ってしまう可能性があることが、既に表明されています。
毎秒2トンは大変な量であり、しかも毎秒2トンも事業者の試算ですので、それ以上の減水がないないという保証はありません。

ただでさえ近時、水不足で取水制限が行われている大井川の水が更に減ってしまうと、大井川の水を利用している約63万人の大井川流域の市民の生活に影響が生じてしまいます。
そんなとんでもない工事が今進められようとしていることを、多くの静岡県民に知ってほしいと思います。

JR東海は減水対策として導水路トンネルを掘って本流に水を戻すことを計画していますが、それでも全量は戻りませんし、トンネル区間は水が戻らないため、川が枯渇する恐れもあります。
しかも、導水路トンネルを掘ることによって地下水脈が変わり、支流の沢枯れが生じる恐れがあります。
環境への影響を十分に調査し影響が小さいということであれば止むを得ないとも思いますが、今回のリニア鉄道を国が認可した際には、この点についての十分な調査は行われませんでした。

一度失われた環境は、元には戻りません。
工事が始まった後に、「思ったよりも影響が大きかったね。大井川の水、だいぶ減っちゃったね。」などということは絶対に許されないことです。

都市と都市とをより迅速に結ぶという、人間中心主義に基づくわずかな利便性と引き換えに、多くのものを失う危険性のある、リニア新幹線計画。
しかも、まともな調査も行われずに進められようとしてしまっているのです。
ですから、私は静岡県民として、この工事を容易に認めるわけにはいかないのです。

このひと夏は、このリニア訴訟の準備に尽力しました。
今夏、大井川支流で巨大イワナの群れを目撃したことと同じくらい、自分にとって忘れられない良き思い出になると思います。

弁護士 西ヶ谷 知成
SubstandardFullSizeRender

本当に怖い共謀罪。「週刊女性」が共謀罪を特集。

弁護士の西ヶ谷です。
生まれて初めて週刊誌「週刊女性」を購入しました。

国会で審議されはじめた共謀罪を10頁にわたり特集。とても充実した内容で、意識の高さを感じました。

共謀罪の最大の怖さは、犯罪の範囲が大幅に拡大され、一般人が容易に犯罪者にされてしまう恐れがあること。
話し合っただけで犯罪が成立してしまう「共謀罪」を、277もの犯罪に設定。
しかも、目くばせでも犯罪が成立してしまうという「手軽さ」。
それに伴い、捜査対象が大幅に拡大。
電話やメールも捜査対象となり、国家が国民の行動を監視する社会へ。
国民には萎縮効果が生じ、政治に対して安易に批判することもできないような社会に変貌することとなります。

安倍首相は、「一般人が対象になることはあり得ない」などと言っていますが、かの治安維持法も、議会で審議された際には「無辜(無実)の民にまで及ぼすことのないよう十分研究した」と法務大臣が述べていたとのこと(「週刊女性」より)。
その後、治安維持法が猛威を振るい、戦争に反対する良心的人々を次々と逮捕して拷問し、戦争に反対する声を封じて太平洋戦争へと突き進んでいったことは周知の事実です。
今回も治安維持法と同様、共謀罪成立によってさらに戦争しやすい国家に変貌していくことになることが、強く懸念されます。

政府は、テロ対策のために必要と言っていますが、テロは共謀せずに一人でもできるので共謀罪が成立したからといって防げるものではなく、しかも対象となっている277の犯罪のうち6割はテロに関係のないもの。
政府の狙いがテロ対策以外にあることは明白です。

国民の平穏な生活を脅かす共謀罪。
テロも怖いですが、共謀罪も本当に怖い。
絶対に成立させてはならない法律です。
FullSizeRender

仕事納め。

弁護士の西ヶ谷です。

今年の後半は特に多忙を極め、結局のところ、今日12月31日が仕事納めとなってしまいました。
でもブログを更新しないのでは仕事を終えた気がしないので、一年を締めくくるブログを書こうと思います。

今年はブログの更新回数がこれまでになく少なくなってしまいました。
忙しかったということもあるのですが、それ以上に、「書く気がしない」というのが理由です。

当ブログは社会問題について取り上げることが多いのですが、今年はあまりに悪いニュースが多く、それらを取り上げる気力も沸きませんでした。

今の政治は、歴史を顧みず、国民の権利や自由を制限することばかり。
福島の教訓を無視して原発利権にしがみつき、秘密保護法で不都合な事実を隠し、安保法制実施で憲法9条を骨抜きに。その他、悪法がぞろぞろと世に出されました。

しかし、テレビはまともに政治を批判せず、その結果、多くの国民は今の政治が国民のためになっていないことに対する問題意識を抱かない。
正直言って、この国に対する絶望感を抱かざるを得ません。

しかし、一方で、日々の弁護士業務の中で「世の中捨てたもんじゃないな!」と感じることが時々あります。
依頼者が絶望から這いがり、前を向いて歩こうとする姿を目の当たりにしたときや、依頼者の善意に触れたときに、勇気や感動をもらうことが一年に何度かあるのです。
そんなとき、「人間て強いな!」、「人間ていいな!」などと思ったりなどするのです(なんか書いてて照れますが…。)

世の中に絶望してばかりではいられません。
そんな依頼者からもらう勇気や感動を糧に、来年は心機一転、希望をもって前に進んでいきたいと思います。

文化の日。

弁護士の西ヶ谷です。
さて、今日は11月3日=文化の日。祝日ですね。
さて、文化の日って何でしたっけ(^^;)

文化の日は、日本国憲法公布を祝い制定された日。
憲法公布が1946年ですから、憲法は今年で70周年を迎えます!

制定から年月が経っているから改憲すべき、というような意見もありますが、ボクは憲法の中身をしっかりとみて、変える必要があるのか、変えるなら何をどう変えねばならないのかをじっくりと議論すべきだと思います。

憲法が掲げる非武装平和は、世界の理想。
このような世界の理想を高々と掲げる日本国憲法は、日本の誇りだと思っています。

非武装平和主義を掲げる今の憲法が現実に合わないとの意見もありますが、憲法を現実に合わせるのではなく、憲法の理想に向かって私たちが歴史を前に動かしていく努力していくことが大切だとも思います。

11月3日を「明治の日」とすべきという話もあるようです。
明治の時代を追憶する日にしたい、とのことのようですが、歴史を逆行させる動きになる感もあり、正直なところ今一つピンときません。

憲法が掲げる理想に現実の世界を一歩でも近づけることを目指して、生きていきたいと思います。

日本人がつくった憲法9条。

FullSizeRender

弁護士の西ヶ谷です。

「憲法は誰がつくったか。」
改憲の議論のなかで、よく出てくる話です。

改憲論者からは「今の憲法はアメリカからの押し付けだから、日本人の手で憲法をつくるべきだ。」という主張がなされます。
憲法9条についても同様に、改憲論者は、戦争放棄の条文化を発案したのはマッカーサーだという見解を有しています。

しかし、これは史実に反するということが近時、明らかになってきています。
今日の新聞では、憲法制定当時の首相であった幣原首相が、マッカーサーに対して戦争放棄を提案したことを裏付ける書簡が発見されたことが、報じられていました。

国際協調・軍縮路線で知られる幣原首相ですから、太平洋戦争によって主要都市が軒並み焼け野原となり、また原爆をも投下されおびただしい数の戦死者が出た現実を前に、国民を二度と戦争の惨禍にさらしてはならない、非戦による平和こそが世界の目指すべき道だ、との思いから、戦争放棄を憲法に入れることを提案したに違いありません。
すなわち、多くの日本人の犠牲が、幣原首相のマッカーサーに対する上記提案を生んだといえます。

両院で3分の2以上を改憲勢力が占めたことから、今後、改憲の議論が盛んになってくるものと思われます。
しかし、憲法が歴史の集積であること、憲法9条が多くの戦死者の犠牲のもとに築かれた理念であることを忘れずに、一面的な主張に惑わされることなく、議論を見守りたいものです。